賃貸物件を借りる時に必要な費用は本当に必要なのか!?


敷金の重要性は理解しやすい

敷金を何ヶ月預けるかは、オーナーの考え方1つとされていますが、同じマンション内でも敷金が1ヶ月から3ヶ月の人まで様々です。敷金は退去時の清算費用に充てることと家賃滞納時に相殺できるよう預けておくものですが、別途清掃費を定額負担させる部屋が登場しているので、以前よりも存在意義が薄れています。敷金は多く納めておく分には問題がありませんが、3ヶ月以上の敷金を要求されている場合には理由を確認してみるとよいでしょう。不動産屋とオーナーの力関係により敷金設定が変わることがあります。

礼金は安全な賃貸の目印になります

礼金が設定されている部屋を敬遠する人が少なくありません。なぜなら、礼金はオーナーへお礼として納めるお金ですから、退去時に戻ってくることが無いからです。しかし、礼金が設定されている部屋については、オーナーが金融機関からの借入を行って建築したローンが残っていないことを示しているので、急なオーナー変更が起きにくい物件として安全性が高い判断になります。金融機関からのローン借入により抵当権設定されている物件では、礼金を受け取れないことになっているので、オーナーがアパート経営に失敗してローンが払えなくなると、競売に掛けられて新オーナーから6ヶ月以内に退去を求められることが有り得ます。

保証会社という存在が原則を崩す

不動産屋を通して賃貸物件を借りる時に、保証会社の利用が本来は任意であるにも関わらず、不動産屋にキックバックが入るために強制されるケースが目立ちます。保証会社が入ることで敷金がゼロという物件が増えている状況では、家賃滞納が少しでも発生した時に追い出し行為が行われて社会問題化している状態です。保証人を立てて借りられる優良賃貸物件はすぐに埋まり、保証会社を付けなければ借りられない部屋は常に空室が目立つようになったことで、状況を把握しているオーナーは自力で入居希望者を集める方向に切り替わっています。

新札幌の賃貸を探す際には、検索機能を備えたサイトが役立ち、間取りや賃料をはじめとした幅広い条件で物件を絞り込めます。

スポンサードリンク
read more