賃貸物件を借りる時の意外なチェックポイント教えます


管理費や共益費は用途明細を聞いてみよう

管理費や共益費の金額は、廊下や共用部分の電気代に使われますがせいぜい月1000円以内で収まる金額です。管理費が高い場合には、明細を請求して確認すれば、管理体制がしっかりしているかチェック出来ます。明細が提示出来ない管理会社を使用している場合には、実質的な管理は行われておらず家賃が高いだけとかんがえられるでしょう。大家が遠隔地に住んでいる場合には、実質的な対応が管理会社となるので不透明な管理費の使われ方をしている物件には住みたくないですよね。

保証会社を使わない契約が出来るか大家に確認する

保証会社は保証人を用意出来ない人が利用する制度です。しかし、不動産屋と保証会社がキックバック狙いで提携している場合には、あたかも保証会社が必須であるかのような契約が行われています。大家にその場で連絡を取り直接確認すると良いでしょう。なぜなら、保証会社の費用は大家が支払うべきものであり、保証人を用意して契約出来るはずだからです。実際には保証会社利用は任意としているものの、不動産屋が強制しているケースが目立ちます。

不動産屋は選べることを思い出そう

インターネットで賃貸物件検索を行うと、複数の検索サイトで同じ物件を見かけることがあります。複数の不動産屋で扱っている物件では、好きな不動産屋経由で契約を行うことが出来ます。アパート・マンション名が確認出来る場合には、一度現地に行くと元請け不動産屋の情報が看板設置から確認出来るでしょう。中には直接大家の連絡先が記載されていて、直接契約に応じる大家も増えているので一度時間があれば、現地を見に行くことも大切ですよね。

旭川市の賃貸は、旭川環状線沿線で決めると便利です。旭川の郊外を一周しているので、どこにいても容易に車で行くことができます。

旭川の賃貸の情報
岩見沢の賃貸とは