こんな物件もあるの?居抜き店舗を利用するメリット


店舗オープンまでの道のり

飲食店のお店を開きたいと言った場合、最初にお店を探す必要があります。店舗物件の中には特定の商売しかできない物件もあるので、飲食店を経営する場合には、業種を不動産会社の担当者に伝えておくようにしましょう。店舗物件が見つかった後は厨房機器の選定や導入、設備の導入工事などが必要になります。また、飲食店の場合は客席の内装工事なども必要になるため、店舗を借りてからオープンするまでの期間を考慮しておくことが大切ですよ。

お店を移転するなどの時には原状回復が必要

お店をオープンした時に行った工事は、お店を営業する目的で行ったもので、店舗物件には原状回復と言う借りた時と同じ状態に戻すことが必要です。お店を移転すると言った場合、借りたお店の原状回復が必要になりますが、どこまで行えば良いのかを借りる時に確認しておくと安心です。しかし、店舗物件の中には原状回復などが不要な物件もあります。それは居抜き物件と呼ばれている特殊な店舗物件で、最近は居抜き物件を利用されるオーナーさんも増えていると言いますよ。

居抜き物件なら即オープンも可能ですね

居抜き物件は原状回復が行われていない店舗物件です。飲食店の場合であれば厨房設備がそのままになっている物件で、借りた後の工事を行う手間が要らなくなるため、お店をオープンするまでの期間が短くて済みます。店舗物件は賃借契約を交わした時から家賃が発生するため、工事期間中も家賃を支払う事になります。そのため工事期間をなるべく短くすることがオープンまでの課題であり、短期間でオープンが出来る居抜き物件に注目が集まっていると言う事ですね。

店舗物件とは、店舗としてすぐにでもオープンが可能な設備が整った物件のことを指します。飲食店なら調理する環境が揃っていたりします。